スポンサードリンク

ファーストピアスについて

ファーストピアスとは、ピアス穴をしっかりあけるためのピアスです。


ピアスは皮膚の一部に穴をあけるのですが、はじめてピアス穴をあけるのにはちょっとした手順が必要です。


というのはファーストピアスでピアスホールを開けたあと、皮膚はピアスホールという皮膚のトラブルに対処しようとして、あいた皮膚を埋めてしまおうとするからです。


ですので、ファーストピアス穴あけが終わった後は、4〜6週間ほどはずっとつけたまま、ピアスを外してしまってはいけません。


もし、ファーストピアスの周りに皮膚ができたばっかりの状態でファーストピアスをはずしてしまうとピアス穴がふさがってしまったり、ピアスホールを傷つけてバイ菌が入り込んでしまう可能性もあります。


ファーストピアスの外す期間は、少なくとも4週間は最低経過し、だいたい6週間はつけたままにしておきたいところです。


オシャレ用のためのセカンドピアスをつけるためにも最初は我慢ですね。


そうそう、ファーストピアスの開ける位置は気に入らなければ、変えることはできますから安心してください。


穴はすぐにうまりますしね。

ファーストピアスの種類の選び方

ファーストピアスは、穴を開けたピアスホールを完全に完成させることを目的にしたピアスなので、皮膚にふれなくても反応を起こしにくい金属系のチタンのピアスやシリコンなどの樹脂性の透明なピアスがお勧めです。


また、ファーストピアスはセカンドピアス用のピアス穴あけであることを考えるとピアス穴をしっかり作るためにも大きくて太いものがよいと思います。


あくまで、ファーストピアスは、おしゃれができるセカンドピアスをつけるためのの穴あけの準備なので、しっかり準備に適した素材にしましょう。


また、ファーストピアスでは、しっかり消毒したり、ケアをきちんとしないとバイ菌などが感染しピアストラブルを起こすもとになります。



ピアスホールの衛生管理には十分注意するようにしましょう。

ファーストピアスでのケア・消毒の方法

ファーストピアスでのトラブルで一番危ないのは、ファーストピアスを開けてから1〜2週間経過して、ピアス穴が完成するまえに、ピアスを外そうとしてしまうことです。


完成のしていないピアスホールは、穴が埋もれてしまったり皮膚が傷ついて感染してしまう可能性もあります。


ピアストラブルで一番多いことは、ファーストピアスによる穴がしっかり開く前にセカンドピアスにしてしまったり、消毒などのケアをきちんとしていなかったりすることによるトラブルです。


ファーストピアスは4〜6週間ずっと耳につけておくピアスですので、消毒や洗浄などの毎日の手入れが非常に大事です。


毎日のケアといっても、しっかりと水で洗ったり、石鹸で洗うだけです。


だいたいお風呂に入っていれば、きれいに洗いますよね。


消毒薬を使うなら、自分の体にあった、刺激の弱いものでも大丈夫なので、衛生面だけは必ず気をつけましょう。

ファーストピアスで気をつけること

ファーストピアスで注意することは、まだピアスホールが完成していないのにはずしたり、セカンドピアスをつけたりしないこと、ピアス穴の消毒などケアを十分にすること、そして、チタンなどの刺激の少ない金属製のものか、樹脂製の透明シリコンピアスなどの種類を選ぶことです。


また、ピアス穴が完成するまでには、海やプールに入ることはできませんので注意が必要です。


特にファーストピアス中に気をつけてほしいことですが、パーマなどは使用する酸化剤によって金属がとけだし、皮膚のかぶれにつながることがありますので、パーマ、カラーなどはしないほうが無難でしょう。


ファーストピアスでトラブルがおきたら、ピアスを抜いてしまうのではなく、お近くの皮膚科のある病院に聞いてみるのが一番です。


ファーストピアスを外してしまったらピアス穴が埋まってしまうだけになる可能性もあるので、すぐに病院に相談しましょう。


お近くの皮膚科などは最低でもチェックしておきましょうね。

ファーストピアスの外し方とは

ファーストピアスというものは外れにくいようにキャッチが固くなっています。

ファーストピアス穴あけ後にピアスがとれたりしたらピアス穴が埋まってしまいますし、キャッチが簡単に外れてしまったらピアス穴に傷をつけてしまいますから。


ファーストピアスを外すときにピアス穴を傷つけてしまうことがよくありますが、これはピアスホールの方向とピアスを引っ張る方向が一致していないから起こることといえます。


たとえば、右耳のファーストピアスを外したいと考えたときのよい方法をお教えします。


まず、左腕を体の前に固定し、親指と人差し指でファーストピアスの先の部分をしっかりつかみ、右手の親指と人差し指でキャッチをもってキャッチを外します。


このとき、左手はそのままで右手でキャッチを後ろに引っ張るように外していきます。


そして、キャッチがはずれたらファーストピアスもゆっくりと抜いていくことができます。


必ずキャッチを先に外し、ピアスを引っ張るようにして抜くような方法はいけません。


ファーストピアスを抜いてホールに出血がみられなければ、だいたい完成していると考えてよいでしょう。


もし、ピアストラブルやファーストピアスのまわりの皮膚が硬くなりすぎて外れないとか、出血しそうで怖いなどの場合は、近くの病院、皮
膚科で安全に外してもらってもよいでしょう。

ファーストピアスを購入しよう!

ファーストピアスはどこで手に入れるとよいでしょう?


今では安くていいピアスが通販で販売されているので簡単に購入するこ
とが可能です。


ファーストピアス用には金属アレルギーの出ない素材がいいのでチタンがお勧めです。


とはいえ、表面だけがチタンで中身は別の金属であるなんてこともあるのでしっかり確認しましょう。


アクリル樹脂などの傷がつきやすくそこから雑菌が繁殖しやすい材質のピアスはさけ、シリコン、純チタンなど体にあった材質を選びましょう。


ファーストピアスはあくまでピアス穴をあけるためのものですから、オシャレでつかうセカンドピアスのようなピアスはこの際我慢して、安全で清潔に使えるファーストピアスを購入しましょう

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。